巻き込む

プロデュース事業
B to Cコミュニケーション、企業課題解決へのソリューション開発、新商品開発のファシリテーションなど